上手く活用すれば臨時収入が!リロケーションについて知ろう
ロゴ

Business.info

リロケーションって何?不動産経営とは違うもの?

上手く活用すれば臨時収入が!リロケーションについて知ろう

リフォーム工事

昔からあるサービス

リローケーションは、以前まで転勤する間のみ同じ会社の人に貸したり、知人に貸したりする意味で使われていました。しかし、転勤から帰ってきても物件から出て行ってくれなかったり、家賃を滞納したりする人が増えたことで一時期利用されていませんでした。ですが、近年またリロケーションに注目が集まってきているのです。

リノベーション

注目されている理由

再度リロケーションが注目され始めた理由は、マンション経営よりもリスクがない不動産投資として扱われるようになったからです。マンション経営の場合、空家が多いと収入が入りません。しかし、リロケーションの場合は、貸す期間を決めて賃貸契約を結べるようになっています。そのため、そこまでリスクが高い投資ではなくなったのです。

リフォーム工事

トラブルも起こらない

以前のリロケーションは、期間が来ても出ていかないなどの問題がありました。しかし、今のリロケーションは、貸せる期間が過ぎたら法律に基づいて強制退去を命じられるようになっています。そのため、もし自分が普段生活している家を貸したとしても、貸していた人が住み続けるというのがないので、安心して一定期間貸し出すことができます。

リロケーションを上手く活用する方法

リノベーション
no.1

管理を信頼できる会社に任せる

長期出張や転勤によって家をしばらく空けるのでリロケーションするとなったら、管理を自分で行なうのではなく管理会社に任せることができます。そうすれば、特にすることがないので安心して本業に集中できます。ですが、信頼できる会社でないとトラブルに発展することがあるので要注意です。

no.2

家賃収入でローンを支払う

まだローンを支払っている物件をリロケーションすれば、貸している間の家賃収入でローンの支払いを行なうことができます。そうすれば、損することなく家を貸し出せるようになります。ただし、この場合、ローンの支払いを管理会社に委託することになるので、手続きが必要になります。

no.3

知り合いじゃない人に貸す

以前のリロケーションは、知り合いなどに貸すのが一般的でした。ですが、今のリロケーションは、知り合いに貸すのではなく全く面識のない人に貸したほうがいいといわれています。第三者に貸すことで、一時的であっても不動産投資をしやすくなるからです。

広告募集中