サポートしてくれる会社が大切!マンション経営を失敗させない
ロゴ

Business.info

個人でマンション経営は無理?現代の経営について知ろう

昔のマンション経営

昔のマンション経営は、オーナー自身が家賃や物件管理を行なっていました。しかし、最近のマンション経営は、定年退職してから始める人が多いので個人で全てを管理するというのが困難だという人が増えています。ですから、今はマンション経営をサポートしてくれる会社に頼る人が増えています。

信頼できるパートナーの選び方

実績がある会社か確認を

マンション経営をサポートしてくれる会社を探すときは、実績があるかどうかを必ず確認しましょう。実績があまりない、最近始めたばかりだというのなら避けたほうがいいかもしれません。もし、その会社が良いという場合は、しっかりと担当者と話してから決めることをおすすめします。

社内の体制が整っている

パートナーにする会社を選ぶときは、社内の体制が整っているか確認しましょう。例えば、住人同士のトラブルが起こったときはどうするのか、家賃滞納が発生したときの対応、ホウレンソウがしっかりされる会社なのかなどです。

口コミを必ず確認

最近はネットで簡単に会社の口コミを確認できます。会社のホームページには、オーナーにとって有利なことばかりを書いているところがありますが、そういった会社の中には実際に任せると雑な対応をする会社だったりすることがあります。ですから、利用者の口コミを確認して信頼できるか判断しましょう。

住人のことを考えて選ぶ

オーナーの中には、つい自分のことばかりを考えてしまい、マンションに住む人のことを考えずにパートナーにする会社を決めてしまうことがあります。この場合、後に住人と会社の間にトラブルが起こることがあります。トラブルが起こらないようにするには、住人にも良いサービスを提供してくれる会社を選ぶのが大切です。

サポートしてくれる会社が大切!マンション経営を失敗させない

空き部屋

担当者と連絡をしっかり取り合う

マンション経営が初めてだと分からないことが多いので、担当者に任せて何もしないオーナーもいます。ですが、自分が所有している物件で起こったことを常に把握できるようにしておかないと、知らない間に裁判沙汰に進展することがあります。こういったことを避けるためにも、担当者と常に連絡を取り合える状況を保つことをおすすめします。

空室が増えてきたら…

もし、会社に物件管理を任せていて空室が目立ってきた、なかなか新しい人が入らないというときは、他の会社に移ることも検討したほうがよいかもしれません。空室を埋めることができない会社に任せたままでも、家賃収入を得られない期間が長引くだけなのでもったいないでしょう。他にも会社はあるので、探してみてはいかがでしょうか?

管理を任せるメリットとは?マンション経営を成功させる秘訣

no.1

家賃管理で困らない

マンション経営を管理会社に任せることは、家賃管理で困らなくなります。個人で家賃を管理するとなったら、一室ずつの状況を把握しなければいけません。しかし、管理会社に任せれば、何もしなくてもしっかりと管理されて家賃収入を得られるようになります。

no.2

滞納されても負担がない

管理会社のほとんどは、家賃滞納が起こっても保証できるように入居者に保証会社の加入を義務付けています。そうすることで、万が一家賃を滞納されてもオーナーには、保証会社から支払われるので負担がないのです。

no.3

家賃の取り立てを任せられる

オーナー個人で経営するとなったら、家賃滞納が起こると自ら取り立てに行かなければいけません。そうなると精神的に辛いので、嫌になってくるでしょう。ですが、管理会社に任せれば担当者が行なってくれるので精神的な負担を抱えることがありません。

no.4

状況把握しやすくなる

管理会社では、物件管理をデータ化しているのでオーナーがいつ聞いても、どんな状況なのか説明できるようにしています。ですから、何か気になることがあったらすぐに相談できますし、解決できるように策も考えてもらえる環境になっています。

no.5

入居審査も任せられる

オーナーにとって入居審査を一人で行なうことは、結構難しいことでしょう。しかし、管理会社にある程度審査を任せておけば、安心して貸し出せる人を入れてもらえるようになります。ただし、入居前に必ずオーナー自身もどんな人物なのか確認することをおすすめします。

広告募集中