失敗しないマンション経営とは?

マンション経営を行なうことは、安定した収入を得られるという魅力があるからでしょう。しかし、そんな簡単に安定した収入を得られるようになんてなりません。どうやったら住人が安定するのか、家賃滞納しないようにできるのかを考えないと失敗することだってあるでしょう。失敗しない為には、人を呼ぶ物件を目指さなければいけません。

人を呼ぶ物件とは?住みたいと思えるマンション作り

空き部屋

セキュリティ面が安心できる

世界的に見ると日本は治安が良いと呼ばれている国ですが、最近はニュースでも物騒な事件が発生したのをよく見かけるようになりました。そのため、これからマンションを探す人は、セキュリティ面が安心かどうかを重視して選ぶことが大半です。ですから、マンション経営するのなら、セキュリティ面にこだわるとよいでしょう。

家賃相応の間取り

どれだけセキュリティが良くても、部屋の間取りに対して家賃が高ければ人が集まることなんてありません。ですから、マンションを建てるときは、どんな人に住んでもらいたいのか、マンションを建てる周辺の物件はいくらなのかを明確にしておきましょう。そうすれば、間取りに対して最適な家賃を決めやすくなります。

立地条件の良さ

最寄りの駅から近い物件は、新築だと「住みたい」と思う人が多くなります。ですから、これからマンションを建てるのなら最寄り駅からそう離れていないところに建てるとよいでしょう。もし、最寄り駅から少し遠くても家賃を若干下げるだけで人は集まってきます。建てる場所に合わせて、どんなマンションにするのかを考えるとよいでしょう。

住みたいと思えるマンション経営が大事!人を呼ぶ物件にしよう

空き部屋

人を見極める力も大事

マンション経営は、一時的に貸すリロケーションと違って常に人が住んでもらわないと収入を得ることができません。ですから、住む人に家賃の支払い能力があるのかを見極める力も重要になります。最近は、管理会社に審査を任せっきりにするオーナーも多いですが、契約前にどんな人が希望しているのか確認するようにしましょう。そうするだけでも、マンション経営で失敗しないようにできます。

マンション

保証会社の大切さ

今は、景気が良くないので家賃滞納する住人もいます。そういった人が多く住まわれてしまうと、家賃収入が入らないのでオーナー自身の生活が苦しくなるでしょう。ですから、家賃滞納されても困らないように保証会社の利用をおすすめします。保証会社を使えば、万が一家賃滞納されても保証会社が立て替えてくれるので、オーナーに負担がかからないようにできます。

「住みたいと思える物件を作ること」と「住む人間の見極める力」が大事

マンション経営で失敗したくないのなら、住みたいと思える物件を作ることが大事です。また、住む人間に家賃の支払い能力があるのか見極めるのも大事といえます。初めてだとわからないことが多いので、マンション経営をサポートしてくれる会社に頼ってみてはどうでしょうか?そうすれば、初心者でも失敗せずにマンション経営することができます。

[PR]
投資用マンションを買おう
物件選びは慎重に進めるべし

[PR]
投資マンションを売却したいなら必見!
専門業者の選び方を詳しく紹介

広告募集中